【面接でもつい出てしまう口癖!】こんな印象を与えているかも?

よく、人と話をしていると、「この方は○○と言う口癖があるね!」と

気づく方も多いのではないでしょうか。

口癖は誰しもが持っているものですが、

口癖によっては性格がわかってしまうことをご存知でしょうか。

 

今回は、皆さんが良く使いそうな口癖を集めて、

それが本質的に何を伝えようとしてるのかお伝えいたします。

 

◆「要は」「要するに」「つまり」

自分に自信を持っている方です。

上記の言葉は自分や相手の話を分析しまとめることを指すので、

優秀で自信を持っている方が多いです。

 

◆「まぁ・・・」

自分に自信がない方です。

「まぁ、○○○かもしれません」とお伝えすることで、自分が伝えた内容に対して

責任を持たないように主張を弱めるような意味で、行動をとる方が多いです。

 

◆「なるほど」

人の話を理解している。または人の話を全く聞いていない人のどちらか。

「なるほど」と相手に伝えることで、「自分は理解していると相手に伝えている」

もしくは、「話を聞いていることを相手に認識させ好印象を持たせる」の

どちらかであることが多いです。

 

◆「やっぱり」

物事を深く考えていない方です。

一見「やっぱり」と聞くと物事を再度認識しているような意味で捉えられますが、

実は、「やっぱりって言っておけば間が持つ」ぐらいとしか考えていない方が多いです。

 

◆「別になんでもない」

執念深い方です。

「なんでもない」と言いながら、本当はかまってほしい方が多いです。

本当に何でもなかったら口に出さないわけですから。

 

みなさんどれか1つでも当てはまりましたでしょうか?

上記のように口癖の意味を知っておくことで相手の本質的な性格を把握できます。

仕事で働く際、転職で面接で話す際、知らずのうちに口癖を発していることがあるため、

気にされる方はお気を付けください。

飲食業界専門の求人サイト「エフジョブ」で転職を成功させる

人事のプロ「ヘッドハンティング会社のノウハウ」と「飲食業界専門の転職コンサルタント」で皆さまをフルサポートさせていただきます。履歴書や職務経歴書の書き方はもちろんのこと、気にある面接対策や店舗の現場情報を可能な限りご提供させていただきます。店長(候補)、料理長(候補)、本部職、事務職など、様々な求人案件を皆さまのキャリアアップを考えるとともに正社員案件をご紹介させていただきます。

会員登録