【自己分析のすゝめ】時間をかけてじっくり考えてアピールポイントを探しましょう!

これまでにない暖冬と思いきや急に寒くなった今日この頃ですが、皆さん元気に過ごされていますでしょうか。私は新年早々に代々木八幡宮で初詣をしてパワーを吸い込み、新年の抱負を新たにしました。心身ともに健康に、皆さんの転職活動をより一層、質の高いサポートができるよう尽力致します。

 

さて、年末で一年の振り返りをし、年始で新年の抱負を掲げた方もいらっしゃるかと思いますが、日常生活の中で自分自身とじっくりと向き合う機会はそうないですよね。

“自己分析”その名の通り、自分自身を分析することですが、この自己分析が転職活動にも活きてくるんです。本日は自己分析についてお話したいと思います。

 

■なぜ自己分析が必要か

「あなたの強みはなんですか」「逆に、あなたの弱みはなんですか」そのような質問に対して、すぐに回答できますか?自分のことは自分が一番知っているはずなのに、いざという時に回答に困ってしまう方は意外と多いものです。

転職活動を行っているのはあなただけではありません。一つの企業にも大勢の方が応募をされているわけですから、限られた面接時間の中でしっかりと自己アピールができなければ、せっかくの面接も台無しです。

「あれがしたい、これがしたい」と希望ばかりを先行させた転職活動ではなく、今の自分を知り、なりたい自分をイメージすることで、自分の強みを活かしながらなりたい自分を目指せる仕事・会社も見えやすくなると思います。

 

■自己分析の方法

書店に行けば就活・転職のコーナーの一角に自己分析関連の図書は必ずあります。そういった書籍を使って自己分析を行うのも良いですが、分厚すぎてやる気がなくなってしまう可能性も…。(私も転職を経験していますが、やはりそうでした。)

この機会にしっかりと時間をとって自己分析を行うことをお勧めしますが、何をしたら良いかわからない方は少なくとも下記の洗い出しをしてみましょう。

 

  1. どのような業務を行ってきたか(どのような企業で、どのような方に、どのようなサービスを)
  2. 自分の強み、弱みは何か
  3. 転職して何を実現したいか

 

上記は頭で考えるだけではなく、紙に書き出してみることが重要です。是非やってみて下さい。

 

■最後に

転職活動は思っている以上に労力がかかるものです。現職を続けながら転職活動を行う方は、より一層それを感じることかと思います。また自己分析だけでなく、他社の客観的な意見を聞くことで見えてくることも多いですし、考えるキッカケにもなるかと思います。不安や悩みがあるままに活動を進めても良いことがありませんので、私たちのようなエージェントを活用することも方法の一つです。ご相談下さい。

飲食業界専門の求人サイト「エフジョブ」で転職を成功させる

人事のプロ「ヘッドハンティング会社のノウハウ」と「飲食業界専門の転職コンサルタント」で皆さまをフルサポートさせていただきます。履歴書や職務経歴書の書き方はもちろんのこと、気にある面接対策や店舗の現場情報を可能な限りご提供させていただきます。店長(候補)、料理長(候補)、本部職、事務職など、様々な求人案件を皆さまのキャリアアップを考えるとともに正社員案件をご紹介させていただきます。

会員登録