【ブライダル業界って実際どうなってるの?】ブライダル業界の現状・今後の展望

皆さん、こんにちは!

今回は意外と飲食業界とかかわりの深い、ブライダル業界の現状と今後に関して、筆をとらせて頂きます。

ブライダル業界

ブライダル市場のいま

ブライダル業界でのお仕事といえば、皆さんご想像されるのが人生の一大イベントである結婚式に携わる華やかなお仕事という印象ではないでしょうか。こういった印象から、ブライダル業界を志望する人は非常に多いです。しかし、人気とは裏腹に、業界の現状としては縮小傾向にあるのが現状です。

ここで市場規模に関してお話をさせて頂きますが、ブライダル関連の市場は挙式・披露宴以外にも指輪やドレスなどの装飾品やブライダルエステ、メイクなどの美容等も対象とすると、2~3兆円規模に達すると言われており、式場・披露宴だけに限定しても1.5兆円規模の市場規模があると見られています。

市場動向を把握する上でポイントとなるのが「婚姻組数」、「挙式実施率」、「平均単価」であるかと思います。挙式実施率と平均単価には諸説ありますが、挙式実施率は60%前後、平均単価は300〜350万円程度のようで、婚姻組数は国の人口動態調査によると2013年で66万組となっています。

婚姻組数66万組×挙式実施率60%×平均単価300万円で約1.2兆円なので、このあたりが市場規模の目安で問題ないと考えられます。

今後の市場の動きは

婚姻組数は1970年の約100万組をピークに長期トレンドとしては下降推移となっており、

今後も少子化を考慮すると減少することはあっても増加することはないと考えられます。

近年自己資金を最小に抑えられる『スマ婚』といったサービスも目立ってきてはいますが、婚姻届けを提出するのみで披露宴を行わない人は年々増加傾向にあるようです。長期的な市場動向としては今後も減少推移となることが考えられます。

 

ネガティブな情報が続いていますが…企業単位で見ると活路がまったくない訳ではありません。業界最大手と言われるテイクアンドギヴ・ニーズで売上高約600億円なので市場シェアは数%に留まっており、大手の寡占化が進んでいない市場です。

 

【上位5社のブライダル市場のシェア】

1位 テイクアンドギブ・ニーズ 4.1%

2位 ワタベウェディング 3.2%

3位 ベストブライダル 2.7%

4位 アニヴェルセル 1.7%

5位 日本セレモニー 1.4%

 

ウエディングの形は夫婦ごとに十人十色ですから、完全なパッケージ化は不可能です。

そのため中小企業であっても何かしらの差別化を図ることで売上を伸ばすことが可能な業界であると思います。実際に株式会社エスクリはこの十年間で9期連続増収増益となっており、急成長の要因としては、内製化や、マルチスタイル、M&Aを積極的に進めたことで実現しており、今後もこの勢いは続いていくと考えられます。

 

最後に

今後のブライダル業界で必要なことは、他社との差別化と市場のシェアの獲得の2点であると思います。

この2点が強い会社こそ成長が見込める企業になってくるはずですから、企業探しの際はこういった視点でも企業研究して頂くとまた新たな面が見えてくるかと思います。

長文となってしまいましたが、少しでもお役に立つ情報であれば幸いです。

ここまでお読み頂き誠にありがとうございました。

 

【参考資料】

・ウェディングビジネスニュース

・ノバレーゼ

・マーケティングハック

 

ブライダル業界へ転職をお考えの方へ

ここまでブライダル業界の現状を書かせていただきましたが、エフジョブでは飲食業界の方の転職の支援をさせて頂いております。
ブライダル業界は飲食と深いつながりのある業界です。
プランナーからスタッフ、調理まで幅広く求人をご紹介することができます。
ブライダル業界への転職をお考えの方はこちらからご相談下さい。

飲食業界専門の求人サイト「エフジョブ」で転職を成功させる

人事のプロ「ヘッドハンティング会社のノウハウ」と「飲食業界専門の転職コンサルタント」で皆さまをフルサポートさせていただきます。履歴書や職務経歴書の書き方はもちろんのこと、気にある面接対策や店舗の現場情報を可能な限りご提供させていただきます。店長(候補)、料理長(候補)、本部職、事務職など、様々な求人案件を皆さまのキャリアアップを考えるとともに正社員案件をご紹介させていただきます。

会員登録