【飲食業界未経験者向け】ざっくりと職種を知っておこう

職種紹介
飲食業界の職種は多き分けて、ホールスタッフ、キッチンスタッフ、本部スタッフと別れます。では、実際にどのようなことをやっているのでしょうか?未経験でチャレンジしたいと考えている方は参考にしてください。

ホール業務

料理の配膳、オーダーとりからはじまり、店舗清掃などからはじまるところが多いです。 現場の最前線でお客様の声をきき、お店に反映していく重要な仕事です。
経験を積むことで、アルバイトの管理、後輩の教育、原価管理、最前線で拾ってきたお客様の声をお店に反映させ、よりよい環境をつくっていく立場になっていきます。
未経験で入社をしようと考えている方は、まず「飲食業界に興味がある」を一番伝えることが大切です。
話をするのが好き、お店の雰囲気が好きなど、「お店で接客する」ということに関連していることで、面接官のイメージも変わります。

代表的な職種

  • 店長、統括店長
  • マネージャー、ホールマネージャー
  • ホールスタッフ

この上のポジションとしては、エリアマネージャー(本部職)などが主なところです。全体的なブランディングや店舗開発など、そのブランドを知らなくてはできないワンランク上の業務になります。

キッチン業務

未経験の場合は、包丁の持ち方、食材の扱い方から勉強することが多いです。
簡単な仕込み、先輩料理人が準備してくれた食材をお皿にきれいに盛るなどして、経験を積んでいきます。

まったくの未経験で料理人は正直大変だと思います。家庭とは全く違う形をしている包丁をあつかったり、食材の厳重な管理の仕方など、目にすることは初めてで新鮮なことばかりです。 ただ、料理が学べてお金をもらえる(給料)という考え方をすれば、素晴らしい環境だということも間違いありません。

代表的な職種

  • 料理長、シェフ
  • 副料理長、サブシェフ
  • キッチンスタッフ、調理スタッフ

この上のポジションとしては、調理部門のエリアマネージャー(本部職)などが主なところです。メニュー開発、各店の料理の質のチェック、原価管理、取引業者との交渉などもワンランク上のポジションの仕事になります。

本部スタッフ

総務・人事・広報など一般事務に従事することが多いです。
全国展開、複数展開している企業であれば、店舗の売上チェック、マーケティング、勤怠管理など、職種によってさまざまなポジションがあります。
第三者(外部意見)として、店舗の料理チェック、衛生管理なども行う場合があります。

代表的な職種

  • SV、エリアマネージャー(ホール部門、キッチン部門)
  • 人事、総務、経理
  • Web運営スタッフ、広報担当

店舗がうまく機能するためのブレイン的なお仕事になります。やはり人気なポジションだけあり、競争率は高いです。空きがあればぜひチャレンジしていただきたいです。

飲食業界専門の求人サイト「エフジョブ」で転職を成功させる

人事のプロ「ヘッドハンティング会社のノウハウ」と「飲食業界専門の転職コンサルタント」で皆さまをフルサポートさせていただきます。履歴書や職務経歴書の書き方はもちろんのこと、気にある面接対策や店舗の現場情報を可能な限りご提供させていただきます。店長(候補)、料理長(候補)、本部職、事務職など、様々な求人案件を皆さまのキャリアアップを考えるとともに正社員案件をご紹介させていただきます。

会員登録