【六本木】東京ミッドタウンのビストロフレンチ「ジーニーズ東京」

第22回を迎える今回は東京ミッドタウンでマキシム・ド・パリ銀座の四代目総料理長のフレンチがビストロ感覚で楽しめるジーニーズ東京さんへお邪魔させて頂きました!
広々としてバーカウンターやオープンキッチンの全体の一体感が魅力の店内です。
さて、そんなジーニーズ東京さんで頂く本日の絶品まかない飯とは!?

まかないご飯 FILE 022

信玄鶏のバロンティーヌ

提供店舗:ジーニーズ東京

香草の効いたスープが絡まって繊細な美味しさを感じます。
バケットと一緒にスープも残さずしっかり頂いてしまいました…!

シェフの伊藤正顕さんよりお話お伺いさせて頂きます。

柴田

本当にメニューにあるようなまかないですね!

伊藤さん

うちでは全て残り物でまかないを用意するのではなく、本物をつかって創作意欲を出してもらえるようなまかないを作っています。まかないに備えて事前にメニューを考え、発注も行っています。若手が挙手制でやることが多いですが、もちろん私も作ることもあります。まかないはミーティングやスタッフ間のコミュニケーションをとる貴重な時間になっています。夜の予約の確認や、ランチ営業の反省を行い、常にPDCAを回せるようなチームを目指しています。



柴田

手間をかけたまかないがあると夜の営業も力がでそうです!伊藤シェフが料理の道に進まれたのはどんなきっかけがあったのですか?

伊藤さん

元々料理が好きでした。浪人までして進学校の高等学校に進んでいたのでこの道を選ぶのは悩みましたが…。医学の道に進むことを親からも期待されていたのですが、期待されるレールで進むより、自分の人生では好きなことやりたいと思い、決意しました。

柴田

ご両親にお気持ちを伝えるのはとても勇気が必要だったと想像できますね。伊藤さんはマキシム・ド・パリ銀座で長年ご勤務されているとお伺いしておりますが?

伊藤さん

約25年いましたね。元々入社するならマキシム・ド・パリと決めていました。ただ当時は紹介がないと入社できないという時代だったので電話で断られてしまいましたが、直接店舗へ直談判しました。それが入社した経緯です。マキシム・ド・パリではフランスの伝統やしきたりを踏まえてフレンチの基本が学べたので、他をみる必要がありませんでした。四代目の総料理長になったの運が良かったと思っていますが、自分が目標に向かって進んできた結果だと感じています。

柴田

伊藤さんの意思の強さが伝わるお話ですね。これからの伊藤さんとしてはどんなことを目標にされていらっしゃるのですか?

伊藤さん

今は目標というよりも継続することになりますが、調理場に立つ限りお客様の喜ぶ料理を作り続けられるか、ですね。死ぬときに達成できたかどうかわかるものですが(笑)

最後に飲食で頑張る方々に向けたメッセージも頂きました!

「何事にも考えるスタッフになってほしい」

目標において逆算する思考をもってほしいと思っていて、これが持てれば忙しさの中でも充実さを感じて楽しみ、目標において真っすぐ進めることが出来ます。
また、人との繋がりは是非大切にしてほしいと思います。

今日も美味しいまかないありがとうございます!ご馳走様でした!!

店舗詳細
店名 ジーニーズ トーキョー
ウェブサイト http://genies-tokyo.com/
ジャンル ダイニングバー、フレンチ、ビストロ
オススメのアクセス方法 都営大江戸線「六本木」駅8番出口直結
東京メトロ日比谷線「六本木」駅地下通路直結
飲食業界専門の求人サイト「エフジョブ」で転職を成功させる

人事のプロ「ヘッドハンティング会社のノウハウ」と「飲食業界専門の転職コンサルタント」で皆さまをフルサポートさせていただきます。履歴書や職務経歴書の書き方はもちろんのこと、気にある面接対策や店舗の現場情報を可能な限りご提供させていただきます。店長(候補)、料理長(候補)、本部職、事務職など、様々な求人案件を皆さまのキャリアアップを考えるとともに正社員案件をご紹介させていただきます。

会員登録