PRAD

飲食業界の今〜業界で働く人に向けて〜

少子高齢化等が相まって人材不足が叫ばれている飲食業界。
飲食経験者たちはどんなことを思って働いているのだろうか?
企業はどんな人材を求め、転職事情はどのようになっているのだろうか?

キャリアプランは独立が半数!

 
飲食業界で働く人々は、独立志向がある人が多いようだ。
株式会社シンクロ・フードが運営する飲食店専門の求人情報サイト「求人@飲食店.COM」がサイト利用者に行ったアンケート調査によると、
約53%が「飲食業で起業(独立)したい」と回答している。
 
 

(http://dime.jp/genre/240396/1/ から引用)
 
 
また、”飲食業界で働く理由について”聞いたアンケートでは「人に喜んでもらえるから」「専門知識を身につけられるから」が上位に来ている。
飲食業界で働く人は知識・経験を身につけて独立し、自分の飲食店を持ちたいという志向の人が多いようだ。
 
 

(http://www.inshokuten.com/recruit/knowledge/trend/detail/62 より引用)
 
 

今や転職経験者が半数!

 
転職することが当たり前になりつつある昨今。
DODAの調査によると、25歳〜39歳の52.5%が転職経験ありと回答した。
中でも飲食業界では、66.7%が転職ありと答え、一番低い金融領域の約3倍の転職率だ。
終身雇用意識の強い日本において、これは転職が本当に一般的になってきた、ということだろうか。
(http://doda.jp/guide/ranking/041.html より参照)
業界事情として、人の紹介で次の職場を選ぶ場合もあるが、上記のグラフとも合わせれば、独立を目指してスキルを積むために転職を繰り返しているとも考えられるのかもしれない。
 

企業が求める今ほしい人物像とは?

では次に、独立志向が多い中、実際の企業はどんな人を求めているのかを見てみたい。
今成長中の企業に、どんな人を求めているかを聞いてみた。
 
株式会社串かつ田中
「やっぱり、目標というか、何がしたいかがある人が絶対かなとは思います。
タフな人だとか、箇条書きでいえばたくさんあるんですが、やっぱり前提として、うちの会社だったり飲食で何をやりたいのかとか、こうしたいからうちへ来たんですみたいなのがある方が本当に良いですね。
あとは、うちはチームで仕事をしている。店舗をもっていますし、会社としてもそのチーム感みたいなのはすごく大事にしているので、チームとして仕事をしたり、お客さんのことを考えられたり、解決策を見出せる人であるかどうかは非常に重要な項目ですね。」
 

 
株式会社sublime
「仕事は作ればいいので、これをやりたいって持っている人がいいですね。
極論、飲食に関わる仕事をやってみたいな、というぼんやり状態でも良いので、来てもらえればきっと見つかります。やりたいことがある人は基本任せるんですけど、もっと明確にやりたいことがある人であれば、即まかせたいんですよね。
そういった意味ではちょっと覚悟持ってきてもらった方がいいですね。実際に古民家再生がやりたいといって入ってきた人も1か月でもう現地調査やっているくらいです。」
 

 
株式会社Globridge
そうですね。飲食好きな人というのはベースであります。
後は自分でこれからこの仕事で食べて行きたいなっていう気概がもあるといいなというのはあるのですが
実際はそんな人はそこまで多くない。
だから、あまり考えていないというのが本当でもあるのですが、
一つあるとしたら何かこんな事やりたいなと思っている人には来てほしいなと思ってます。
何もやりたい事がないと何もアドバイスできない、何もチャンスを与えられることができないので。
こんな事やりたいですという、どんな小さいことでもいいので、ある人に来て欲しいなと思ってます。
 

 

3社とも「やりたいこと」ということがキーワードとしてあがってきている。
独立にするにしても、企業に属するにしても自分が目指すキャリアプランをしっかり持ち、自分はこれがしたいというものをしっかり持つことが重要なのだろう。
 

最近の転職事情

“やりたいこと”を積極的にアピールできる活動方法として
新卒で近年話題でもある、逆求人型の転職サイトが流行り始めている。
逆求人型とは、企業側が求職者へスカウトメッセージを送り、求職者がそれをみてエントリーをするという今までとは違うスタイルの転職方法だ。
しかし、様々なスカウトサイトが増えてきたことによっていざ転職を考えた時に「何をしたら良いか」わからない人も多いと思う。

そこで、飲食業界に特化したサービスを紹介したい。
 
会員制スカウト型転職サイト「エフジョブ プロ」
pro_logo20160420yellow
 

飲食に特化した業界初のスカウトサイト。
飲食業界の企業から直接スカウトが届くため、すぐに転職したいという人もすぐに企業側とコンタクトが取れることが特徴だ。
また、スマートフォンに対応していくことを打ち出しているため、気軽に合間時間に転職活動を行うことも可能だというから嬉しい。

 
飲食業界専門転職サイト「エフジョブ」
fjob
 

「エフジョブ プロ」の姉妹サイト。「何をしたら良いか全くわからない」という人には、転職方法の相談から求人提案まで行ってくれるエージェントに連絡ができる。

転職活動が活発化してくるこの時期。
合間時間を見つけて自分で転職活動をやってみたい方は「エフジョブ プロ」
少し不安だからまずは話を聞いてみたいという方は「エフジョブ」
という形で使い分けることが可能なので、まずは試してみてはいかがだろうか。

アクセスはこちら